Tweet
当サイトについて

◆ 最新芸能人一覧

高橋みなみ


水道橋博士


手越祐也


反町隆史


石田純一


諸星和己


高知東生


松岡茉優


>>もっと見る

伊丹十三 大江健三郎

いたみ じゅうぞう
伊丹十三
伊丹 十三(いたみ じゅうぞう、1933年(昭和8年)5月15日 - 1997年(平成9年)12月20日)は、日本の映画監督、俳優、エッセイスト、雑誌編集長、商業デザイナー、イラストレーター、、ドキュメンタリー映像作家。料理通としても知られた。

ameblo.jp

matome.naver.jp

matome.naver.jp
映画監督の伊丹万作を父に、京都市右京区鳴滝泉谷町に生まれる。
池内家の通字が「義」だったため、祖父の強い意向で戸籍名は義弘と命名されたが、父は岳彦と命名する予定だったため家庭では父の意向により「岳彦(たけひこ)」「タケチャン」と呼ばれて育ち、本人も岳彦だと思い育った。
そのようなややこしい事情があったので、戸籍名は一応は「池内 義弘」(いけうち よしひろ)だが、むしろ「本名・池内岳彦(いけうち たけひこ) 」とも。
生後7か月で京都市右京区嵯峨野神ノ木町に転居。
2歳の時、妹ゆかり(長じてのち1960年に大江健三郎と結婚)が誕生。
1950年、愛媛県松山市小坂町の寺院・多聞院の一室に移り、母や妹と同居を開始。
1950年4月14日、1学年遅れで愛媛県立松山東高等学校に転入。
同校では文藝部誌「掌上」第1号に黒田匡の筆名で創作「気分」を発表 また、巻末の「編輯雑感」にも池内義弘の名で執筆 1951年、2年次から転入した大江健三郎と親交を結ぶ 同年8月1日、同校演劇部の「彦一ばなし」「夕鶴」などの公演に裏方として参加。
同年10月から休学。
2000年、大江健三郎の小説『取り替え子』に伊丹十三を思わせる人物が描かれ、話題となった。
ノーベル賞作家の大江健三郎は、妹ゆかりと結婚したので義弟にあたる。
ギタリストの荘村清志は従弟。
2022/8/6(土)
伊丹十三のつながりをもっと見る
スポンサードリンク
伊丹十三 レタリング
伊丹十三 周防正行
伊丹十三 山本嘉次郎 明朝体
伊丹十三 山口瞳
伊丹十三 湯川秀樹 湯川春洋 貝塚茂樹 貝塚啓明 上村淳之 共同通信 林直久
伊丹十三 池内万作
伊丹十三 湯河原
伊丹十三 ワープロ
伊丹十三 ヤクザ
伊丹十三 蓮實重彦 シーン ショット
伊丹十三のつながりをもっと見る